日々の葛藤を大事に

もっと自分の考えていることを発信していこうと思った。
時間かあるときブログもっと書こうっと。


最近自分との会話が絶えないのはこの学期に友達が減っただけではないと思う。

自分はこれから何をして何処にいてどのうように生きるのか。What, Where, Howが一番の質問。Whoやwhenはまた別の話。

人生についての疑問は絶えない。ただ、自分のためだけに生きる人生だけはごめんだ。

そのためには、頭をひねらせ続け、自分が使える手段を必死に絞ってゆく。

何が人生で面白いって難しいからではないかと思う。簡単に完成できるパズルなんて子供以外は遊ぼうって思わない。複雑なパズルだからこそ自分の能力を試したくなるんじゃないのか。

この世なんて悲しみで埋もれている。人生、悲しいことの方が多いなんて言っても反対される方が珍しいんだと思う。

でもそのおかげで人間は光に敏感な生き物だって気づけた人はどれくらいいるだろうか。闇があってこその光。ケーキがあってこそのキムチ。人生の美味しさの秘訣はそこではなかろうか。

今日はこっちでは最高気温が8℃までいってあたたかかった。最近寒すぎたから、外の真昼の光を浴びたときに人生のピークを迎えた気がした。最近、なんでこんな単純なことに喜べるのだろう。幸せってもんは色んな所にごろごろ転がってたなんて気づいたのは最近だ。感謝の基準を下げていくほど喜びの涙の数が増えていく。日差しは北風の冷たさをカバーした。




そんな事ばかり考えるのも、

毎日が簡単じゃないからで

人間の溢れる欲と
目の前の現実が

今一マッチしてないなかで生きていく中で

切なさと怒りが

この人生に絶妙なスパイスを利かせてくれているのだ。





'自分が本当に欲しいもの'
それって'自分の生きる意味'と関係しているのだろうか。
これから時が進むにつれ、自分はそれを手に入れる過程で、挫折したりチャンスを掴んだりの繰り返しを経験をしていく中で、今と同じ自分でいられるのだろうか。

今の自分は、大波を崖から見つめているだけのある意味余裕がある船乗りのようだ。
波をじっと見つめて物思いにふけっているだけで、
まだ余裕がある。

この余裕が懐かしくさえ思う、
出航後の自分がどんな姿なのだろうと、
考えては震え、
でもそれが自分を強くさせるならと
向上欲はなによりも強いもんだから
期待が不安を目立たなくさせる。







自分は反対のものにどれだけ立ち向かえるのだろうか。
自分が持っていると信じている力って、実際どれだけ使えるものなのだろうか。
約7年間の修行で、自分はどれくらい変われたのであろうか。
あの地へ戻り、確かめたい。
あえて辛い環境にいることで、自分の存在を確かめたいというのは奇妙な事なのだろうか。

これからの人生が大変だなんて、考えなくてもわかる。

それがわかっていても、自分は自分の道は変えたくない。

男の、いや、だんのプライドだ。

'だん'という名前、合ってるよねって色んな人に言われてきたけど、確かに平凡な'かずひろ'みたいな名前だと自分の性格には似合わない。弾丸のように大胆な攻撃をこれからも仕掛けていく。

皆さんも是非被害者となっていただきますのでよろしくお願いします。笑








今週は感謝祭の休日なので授業が全てキャンセルされた。

から、たまりにたまった課題をやらなければならない。来週に控えたテスト勉強もしつつ。。。


・・・と、自分が一番嫌いな、「目の前の現実」を思い出して一気に目を覚まされたのでしたー。ちゃんちゃん。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-11-19 23:36 | Comments(0)

なんか夜って

なんか夜ってさ



朝に考えないこと

たくさん考えちゃうな。



最近、学校にいても


家にいても


なんか思ってしまう。


切ないこと、 ・・・甘いこと、 深いことを・・・ね。

25年生きてきて





欲しいものは17の頃と違う。



簡単だと思ったことが




そんな簡単なわけなくって。


探しても

探しても

満足なんかには程遠くって





信じてるけど

わかってるけど



それでも疑問は多くって





うろうろしてるだけで

結局場所がないのに気づく。





幸せか問われても



幸せですしか言えない。

それは本当なんだ。




・・・でも、

なんか違うんだよ。



自分が幸せなだけでは、何かが欠けていて



穴は埋まるどころか、どんどん広がっていく。

底が浅いだけでもいいのかなあ。



いつも選んでいる

飲み物の種類だって


選ぶことが情けなくって、



小腹が空いたときの

食べ物の近さだって


奇跡って言葉じゃおさまらなくて、






何かしたいのに


口以外が不自由なことが


こんなにも自分を小さく映して


大きな気持ちだけがただ突き出てているという図を残す。







こんなに生きて

こんなに蓄えれたのだから



今度は与えたい。



あの実を実らせたあの木も

そう思ってるのかもな。





今日の曇り空



太陽がうっすら


日を送ってて




あったかかった。




それが象徴的で


思考を働かせると

美しさが心に刺さり

涙は首をつたって

心に届く。




”泣きたいのは、一緒だから”

独り事を言ってみて

自分の心を耳で聞く。
















足りないものはなんだろう。


足りてるものはなんだろう。




そんな質問ばかりしているよ。







そうやって


自分の存在の意味を


深く追求しているのは






野望が大きくて

孤独な

僕なのです。





幸せになりたいんじゃなくって、







幸せにしたいと、





思うようになったのはきっと






きっと








人間らしくなれたのだなと








自分を認めて







寂しい自分を




抱きしめたのでした。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-11-11 17:51 | Comments(0)

野望の炎が燃えている

眠れないので更新。
最近、Facebookが体にも心にも悪いと悟ったので、パスワードわからないのに変えて入れなくしました。少なくともこの学期が終わるまでFacebookログインしないので、12月までなんもコメントもいいねもしないけど許してくだせえ。あ、FBの方だとコメント見れないからこっちのほうでしてね。

もう10月ですやん!もうすぐ今年が終わる。時の速さに追いつけてない。自分の中では自分が18で止まっている。←あいたたた

来年は華の26歳。いやもはや鼻かも。鼻の形が気になる26歳。鼻の26.


この秋の学期は究極に忙しいです。毎学期忙しいっつってる気がするけど今回はやばめ。まあ最後の前だからでせうか。つか今週やばい。てかいペーパー二つと大量のリーディングとプロジェクトのプロポーザル(もう日本語わからん)の書き直しとかプロジェクトのミーティングとか。来週は中間テストだしテスト勉強してる暇ねえし血吐きそうまじで。

誰かに慰めてほしい。w よく頑張ってるねって一言言われたら泣き崩れそう。笑


とにかく毎日が充実していることは確かでしょう。え、リア充ってこーゆーこというんでしょ?




最近は自分がやりたいことを頭で形にしていったらなんか興奮がとまらなくなった。

夏に遊びに来ていた姉の家族が帰ってから独りの時間が多くなって、つか最近ほぼ独りで何でこんな寂しい人生なんだって2,3分悩んだけど、独りでいるおかげで自分とアツいディスカッションができる。独りでいることで最近脳みそが止まらない。

思ったんだけど、誰かと一緒にいる時ってその人のことしか考えてないからあんまり脳みそ働いてない気がする。

最近は一人の時間が多いおかげで自己分析が絶えない。自分という人間が誰で何が欲しくて、何ができて・・・とか考えれば考えるほどなんか自尊心が上がってくるし、野望が湧き上がってくる。

最近、今取ってるある授業がもんのすごいヒントになることを教えてくれている。

自分は何をしたいとかそういうのをもう考えない。

何に"成りたい"かを考えることにした。




そう考えた途端にどんどん自分を好きになるし人からも好かれるようになった。

最近色んな機会にも巡り合うし出会いが多い。目立つようにもなったし頼まれごとも多くなった。責任感も強くなってきた。
他人の人生のために頑張ることでこんなにも強い自分になれんだなあって。

毎日大変なことも多いけど、本当毎日幸せだって思う。


なにより今年は健康だ。体力がものすごいある。でぶってきたし笑


何かを求めるよりも、求める自分になろうとした方がずっと気は楽だし、毎日がたのしくなる。


ああ、今日も感謝で一杯だ。






最近、嫌悪も心配も差別も憎みも妬みも嫌味も悩みも自分から消えた。

すごいよね、人って思考次第でこんなにも嫌なものが人生で無くなるんだよね。

人間関係で嫌なことがあったら、かわいそうって思うことにした。自分も相手も責めるのはやめた。ほらねこうして差別は消えていく。




これからの人生、自分はあらゆる間違いを正していきたい。そして人と繋がり続けていたい。


まじこの2つ。






そして要らないものはそっこー処分。






まじで将来大物になる予定







・・・は未定



でも確定。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-10-09 00:33 | Comments(2)

障がい者と思い始めた

最近よくネットで英語と日本語両方で障害者についての又は本人のプログ記事やコラムや動画だったりをよく見る。
英語は読めるおかげで世界の障害者について学べるからとても便利。

やはりこの歳になると真剣に自分の「障害者としての」人生についてを考えることが多くなった。

え?25年も障害とともに生きてきてて今更ぁ!?って思うかもしれないが。

ネットで世界中の障害者について学んでて思うのが、どの人もなんだか障害者らしさがあるっていうか、みんな何かと共通する”障害者らしい特質”ってのがうかがえて、そしてそれに対して第三者的な立場に自分がいることが不思議で不思議で仕方ないのだ。
自分も立派に重度障害者の中でも重度なほうに分類される。それなのに障害者について読んだり見たり聞いたりしてて共感ができないというなんとも奇妙なシチュエーションに立っている。
高慢とか強がりではなくて。


振り返ってみたら、自分はあまり25年間、自分が障害者だと意識したことがなかった。・・・というより、物凄く恵まれていたおかげで、障害を意識する環境にいたことが少なかったのだ。だから物凄く感謝している。

自分は7人兄弟の末っ子として生まれて、自分以外も何人か兄妹が障害者だったおかげで親から特に特別扱いもされなければ健常者の兄妹たちからも障害者扱いされず。いつも周りに親か兄妹か友達がいたおかげで体は動かないことにも不自由に感じず、障害者の兄たちともいつもくだらない話で盛り上がるし、障害が辛いなんて一切話題にしたことがなかった、記憶する限り。

書きながらなんか心に感謝が溢れ出てくる。自分なんかちっぽけな人間が何でこんなに恵まれているのか・・・。


自分は生まれてからずっとクリスチャンで、ずっと毎週日曜日に教会行ってたおかげで、健常者の幼なじみもたくさんいるし、健常者とのかかわりが自然にできる。
中3まで養護学校に行ってたけど、その時も、(ちょっと高慢に聞こえるけど)自分は障害者だなんて感じたことなかった。

高校で普通高行って初めて不便さを少し感じ始めたけど、普通に友達はそれでもけっこーいて、続けて教会の友達とも壁ほぼ無しに関わり続けたので、やはり真剣に障害者として悩まなかった。

そんなこんなで社会性も身につき自分の性格上、友達もたくさんでき、フェイスブックでは友達が1600人くらいいるけどその中の99パーはリアルで友達の人たち。
そして自分は今日も殆ど障害者って意識することなく生活しているが・・・




やはり大人の道を歩むとありとあらゆる方向から障害者ビームを浴びる。

差別は世からは消せないものだ。

なんか上手く行かないことがあると、ふと、「あ、そうだ自分は障害者でした。だからこういう結果になるんか。」と、いう場面に良く遭う。
こんな態度でいると火傷を多々するが、良い面を考えると、障害なんてあってもなくても人間は人間という価値観が身につく。

ちなみにそのせいで、(ちょっとまずいと思うことでもあるが)他の障害者で上で述べたような「障害者らしい」子がいると、その人に”仲間”という意識ではなく、”同情”という、「健常者の障害者に優しい人」のような態度で接してしまうこと。
たまに「障害者同志なのに見下された」や「余計なお節介」と思われてしまうのがすごく落ち込む。
自分は見下してるんじゃなくて、障害の有無にかかわらず、自分は弱いものに歩み寄りたくなる性格なのは私をよく知る友達はみんな知っている。
ただ、確かに自分は障害を意識しなきゃいけないことは承知しはじめた。

自分をこのような環境に維持しつづけてくれている両親には感謝をしきれない。
しかし、両親が元気でいてくれるのもあと数年だろう。

障害を意識しないと、これから身を守れない。




最近は不安がたくさんあるが、それよりも感謝のほうが心を埋め尽くしている。


自分は重い障害を重く感じないけど、でも重い障害のあるおかげでたくさんのことを思い、自分という人間が素晴らしくなっている。

自分が高慢に聞こえないことを願っている。

自慢や人気になることは目的ではなくて、自分がこれを書いたのは、みんなに言いたかった。障害があってもなくても、幸せになることは選べるんだよ、って。

そしてこれを書いて自分はどれだけ感謝というギフトで自分の人生は積み重なられているかを確認したかった。
今、自分のメンタリティーと格闘しているとても大事な時期なんだ。







幸せになれたよ。








そう、これが夜中1時のテンションですww

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-08-20 01:02 | Comments(2)

自分はまだまだ

最近の若い年下の子たちがすごい。ってか自分が25の癖して未熟すぎるのか。
自分の周りにいる18や19の子らが自分より大人だったりすのにびびる。
たまに、14歳とかにも大人対応されて正直ちびりそうになる。

だからなのか(は知らんけど)男子ははげるのが早い。

自分の毛がものすごい多いのも未熟さの表れなのか。そう考えるとハゲに敬意を示そうという気持ちになる。

それにしてもユタだからなのか?
この場所はなにかと特別なようだ。


最近、自分のマイブームは自分のダメなとこ探し。
探せば探すほど出てくるので、楽しい。

人のダメなとこ探すよりずっと楽しい。
少しずつまた大きくなれる、この遊びはおすすめ。謙遜になれるし、ちょっとだけ良い人になれる。意外にも自分をもっと好きになるチャンスも増える。


こうして自分は日々人生のトレーニングをしている。

今年の自分は何かが違う。何がって、表現し辛いけど、なんか違うねって色んな人に言われるほど。


心も体もなんか変換している。



神様の期待を感じる。




あ、そうです、この夏に頑張っていた英語の先生としてのインターンは無事に大成功を収め、終了いたしました!!
1対1で台湾の子を自信つけるという役割。
教え子が成長しているのを見るのが何よりも嬉しいことだ。
Tutor としても働き、こっちのほうでも色んな生徒と知り合い、たくさんの生徒に希望を与える機会がありました。

本当に会う生徒が一人一人が愛おしく思える。教師という職業は人が大好きな自分にはぴったりすぎるものだと発覚!

人の成功や達成に喜べる・・・こんな幸せなことってあるのか。

綺麗ごとなんじゃなくって本当に本当に自分は幸せなんだよ!!!



自分は教えるのに情熱があると知れた3か月間だった。





未来は怖いけど楽しみ。



さあ夏が終わるぞ。

準最後の学期がもうすぐ始まる。多分一番大変なやーつ。やばいもうすぐ卒業。


今年の夏はすんげえ濃かった。



そして今は実はとても大事な時期なんです。








うん、今までとは違うことに挑戦中。
気軽にがんばりましょい。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-08-19 00:20 | Comments(0)

わかっているつもりでも

自分は色々最近は人生のコツを掴んできた気がする。分析に分析を重ねて、これをこうすれば解決に繋がるなんて思う場面はいくらだってある。
でもやっぱり実行に躊躇するのはねやっぱ人間弱いから。

最近自分がもう少し改善しなきゃと思うところは社会性の無さ。
って大抵仲良い友達に言うと、「へ?」って言われる。
自分は仲良い人には明るすぎるくらいに接する。今はだいぶ落ち着いたけど、昔はよく声でかいし笑い声響くしいつもジョークばっか言ってるぱらっぱらっぱーだった。
だから仲良い子達は、自分が社会性に欠けてるんだってマジな顔で相談すると、「ぷ!だんが!?笑わせんな。」とあしらわれる。わし本気なんだが!?

自分は初対面でもだいぶフレンドリーだという自覚はある。ただし1対1や少人数または大勢でも周りが知っている人ばっかのときだけ。
自分はとにかく人の顔はもんのすごい観察しているし、喋りながらこの人にはどんな話を振ったらいいかとかもんのすごい分析と推測を繰り返して繰り返してって頭の中では工場が休まず働いている。
だから初対面とは大抵スムーズに会話は続くのだが、でも話してて苦手なタイプだったりこの人自分を受け入れられないんだって気づくともう自分の中の工場は全て停止する。気まずいサイレントが始まる。

知らない人ばかりの複数でいるときはがちの静寂モードになる。

喋ってる人の顔を見て相づちはうつが発言0.
にこにこしているだけのお人形と化する。


あめりきゃんたちはこういう場ではまじ無敵だ。知らない人だらけでも自分の話をどうとうと長々、惜しまずする。ほかの人はそれを聞いた後にそれに対してなんのフィードバックを付けくわえずに「ちなみに俺は(私は)、、、」で会話が続く。
誰も「こいつ話変えやがったな!」なんて思わない。なんとなく聞いて、順番に発言してって、場が和む。

自分はその場にいるとやはり終始お人形ちゃんなのだ。

社会性が足りないので、「自分はこの場で自分の話をするほど価値なんてない。とりあえず良い印象は与えれるように歯は見せておこう。」と、結局車椅子というでかめの存在感だけで謎につつまれたキャラクターという印象で終わる。きっと帰り道で、「あの妙にでかい机をつけた椅子に乗った男、結局なにものだったんだ!?」って感じで話題になったりされるのだろうw


とにかく人見知りがはんぱない。




もっとさわやかに演じたいが難しい。


みんなとおともだつになりとおーになああーーん。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-07-10 22:07 | Comments(0)

どうでもよさげ

どうでもいいことは自分の世界にはいれないほうがいい。

全てどうでもいいやって思っていると人生楽な気がする。だって本当にどうでもいいことって存在するから!
自分の中でどうでもいいってことはあれだ。他人の評価やお好み焼きの具は何が一番かなど。

最近どうでもいいことが心にはいってきそうになったら大声で好きな歌を歌手になりきって歌うことにしている。(ただし家の中又は人がいない場所に限る。)

自分が本当に歌手なんじゃないかってたくさんお客さんが見えて突然の優越感に襲われる。かなり痛い子や。w
でもねー、自分はシンプルに生きているだけなんよ。楽しい毎日 笑

多分うちら人間の頭って90%はどうでもいいことがいつもあんじゃないか?
「今日のあの人の態度ちょっと引いた。」「あの人最近話しかけてこない。」「あの服ださい」

最近自分、「あの人は、、、」で始まることを考えるのやめた。その時間を「自分は、、、」の考えに取り換えたらどれだけ成長が早くなるかって気づいたからさ。他人をジャッジするのをやめてからは、なんか苦手な人も良い人に見えてきた。


他人の悪影響を自分の幸せに繋げたら絶対ソンするってこと!




自尊心が最近の自分のテーマ。





他人を気にしてるほどみんな暇じゃないから!

周りの目を気にしていたら時間の無駄だっていうことさ!







今週もいっぱい悩んで来週の成長への準備しよっと。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-07-09 19:48 | Comments(0)

特訓の日々

なんかドラゴンボール思い出した。w 自分もまさに今界王様のもとで修行している最中って感じでせうかの。


自分が感じていることは記録にしていきたいからブログをもっと書き始めることにしたのです。






自分は最近心得を変えた。





人生だれでも「お、きたな人生の荒波!」っていう時あるよね。
そういう波ってできれば来てほしくないもの。なんもしないで波に打たれてそれを無かったことにだってできる。

大きい波もあれば小さい波も。小さい波は無視しやすい。
最近、波を小さくとも大きくとも真剣に向き合おうと思った。全ての波に乗りたい。もうスルーをやめた。自分は自分の可能性を何よりも信じてっからさ。
全て目をしっかり開けて真面目に人生の逆境に取り組む。

成長したらもっともっと強くて健康で何より大事なものを大切にできる自分になれる。
つまり幸せだということ。

人間は幸せになるために生きるってのは間違っていないと思う。むしろそれを願ってない人生ってちょっと謎。
幸せになれない理由を考えることが上手いのが人間。だから最近自分は人間やめた。


人生完璧なんて無理。
完璧だって思ってたらむしろ幸せは程遠い。





嫌なことの連続。
なんか辛い。





そんな時こそ、幸せってななんだって問うんだよ。
問うたら来るんだよ!インスピレーションが!

空が青い。花の匂いが良い。そんなことでも涙は出る。
突然周りの物が全て味方にみえんだよ!
”生まれてきてくれてありがとう” そんな声が聞こえるよ。どっかから。

ああ自分最近空が青いだけで感動するって、、、重症や笑



「だけ」っていうけども、でもそれに気付いたこと自体が奇跡なのかもなあ。毎日が色んな冒険。



修行を続けよう。






とりあえず明日休みだから今夜は爆睡というルールは外せねーばい。


寝れるという奇跡。





・・・あ!また新たな発見。
[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-07-06 22:50 | Comments(0)

最近、よく考える。
自分は一体何者かって。

確か17歳くらいのときも同じこと言ってた。

でも今と違うところ、それは昔は、他人からの定義が気になって仕方無かったということ。
自分の価値は友達に決めてもらっていたようなものだ。
毎日苦しかったのもそのせいかな。


8年ほど経ってからは、同じ質問だけれども首は別の方向にかしげているよう。

今は他人がさほど気にならない。0%というのは難しいが。
自己評価を上手くできるようになった。
褒められたら、自分を信じて、叱られたら、また自分を信じて。

自分は何者=みんなが自分をどう思うか、

じゃなくて、

自分は誰のために何をして生きていくのだろう。自分がさらにできることって何だろう。自分が直さなきゃいけないところってどの辺だろう。
自分とのディスカッションが絶えない。
だからって病んでるのかって?
NO.

自分を大事にできるようになった。自分の成長への涙が流せるようになった。そうやって自信が少しずつベイビーステップインする。

自己中に聞こえるというその点に関しては、、、

そうしている方がずーっと他人を愛せるんだよ。家族はもちろん、友達や仕事場の人たち、自分と関わる人たち全てに自分のものをあげようと思う。
ある偉い人がこう言ってた。
「全ての人に、まるで大きな問題があるかのように、接しなさい。大体の確立でそれは正しい結果を結びます。」

・・・心が痛んでない人なんかいない。人種や病気の有無にかかわらず、みんな何かしらの”風邪”を引いているもの。

だからさ人間は弱い人をいじめることはなによりかっこわるいんじゃないか。



自分もあらゆる傷をえぐられ今日まで来た。自分の傷口を恨むんじゃなくて、他の人の傷を優しく撫でてあげれば、気付いたら自分の傷なんて忘れてた。もはや傷に感謝している。

人生そんな感じでライトアップするよ。


自分を愛して、
他人を愛する。



愛は世界を救うとかいうくっさいきっもいセリフ。

本当なんだよなあー。










なんてめんどいこと長々考えるのが最近の趣味。










じゃがりこくいてー。アメリカにねえー。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-07-04 20:09 | Comments(0)

人生が面白くなってきた

人生が面白いとき・・・って何か良いことがあったときではないと思う。
最近自分の人生が面白くなってきたと感じる。この夏、自分は今までにないくらい人生について考えている。
っていうのも、卒業まで1年を切った。長い永い大学生活も終わりが近い。

はてさて、自分はこれからどうしたいのだろうか。

自分は長期の目標を立てることは大の得意。5年後や10年後、自分は何処で何をしているかは大体見える。しかし、1年後といわれるとわからない。近過ぎて考えたくないのかもしれない。現実はニガテだ。でも夢はでかい。笑 でも25年生きてきて、今のとこ夢は全部叶ってきている。そりゃ努力だってしたから。運だって全部使った。神様はいつもいた。失ったものだってたくさんあるけど今では全てが善い。だから今後もだいじょうぶだって確信はある。人生は面白い。


直ぐに考えださなきゃいけないこと・・・それは、まず自分は後約2年、大学院で勉強する気力はあるのか。学校終わってすぐ日本に帰るのか、それとも1年こっちで教師として働くか。選択肢がいくつかある。

悩む事は趣味なのでもう少し楽しもうと思うが。

果たして何処で一番輝けるか。

それは大事な問い。





ただ感じているのは、




これからもんんんんのすごい良いことが待ってる。


根拠は無い。

けど何故か確信。怖いw



起こらないわけがないって思うぐらいのこの確信のレベル。


すごいんだよなんか!!!



朝が来るのが楽しみなくらい。




生きることは素晴らしき!!!!またブログ書くよ。

[PR]
# by poteto-n-o-b | 2017-06-27 20:36 | Comments(0)